ニコ生デスクトップキャプチャー

最近ではユーストリーム(ust)やニコニコ動画生放送(ニコ生)で
個人でも放送配信ができるようになりました。

ユーストリームではカメラ映像のほかに
デスクトップキャプチャー配信(PCのソフトなどの操作を映す配信)もできるのですが、
ニコ生では、カメラ配信のみが標準で、デスクトップ画面を映しだす事は
そのままではできません。

そのため、ニコ生ではカメラを持ってない人やカメラの画を映したくない人が
暗黒放送(画面が真っ黒のまま)をしている人もたまに見かけます。

ニコ生デスクトップキャプチャー(XP) (略してNDC)は、
その名の通り、ニコ生でデスクトップキャプチャー配信するための
ツールです。

NDC.jpg

このツールには、本体のインストールのほかにも、
.NET Framework 4 Client Profile
Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)
が必要です。
この二つはバージョンや記銘も同じものが必要のようです
(よくあるパターンで既にC++ 2009が入ってるというのも×)。
エラーで起動しないときは、このあたりをチェックしてみましょう。

NDCの使い方は簡単で、起動し、ニコ生側の放送ツールの
ドライバ選択部分でNDCを選択します(他の外部ツールを使わない場合)。
NDCの選択が有効になると、NDCがアクティブになり、
ボタンなどが操作できるようになります。


NDCでは、キャプチャ図でもわかるように
デスクトップ画面、ファイル画像、スタート画面(NDCの画面)が
ボタンで選べます。
デスクトップ画面はピクセル指定できるほか、
ウィンドウで指定やマウスで範囲選択する方法も使えます。
ウィンドウ指定が一般的かもしれません。

ニコニコユーザー対象のものですので、NDCのコミュのほうを
紹介しておきます。
http://com.nicovideo.jp/community/co34571

普段カメラ配信専門でも、急にデスクトップ上を説明したくなったときにも
あると便利です。
スポンサードリンク